よくある質問Q&A

ペットにミネラルウォーターって大丈夫?

日本の水道水は元をたどると河川水、湧水、地下水です。いずれも岩石に触れ、土に染み込んで取水された良い水です。しかし浄化作業と殺菌のために塩素が含有される為、敬遠されるようになりました。生涯飲み続けても影響がない基準で管理されていますが、人間より体の小さいペットに与えるのが心配な方は浄水器の使用や犬用のミネラルウォーターをお勧めします。

ミネラルウォーターに含まれるミネラルは体の機能維持や調整にかかせない大事なものですが、過剰に摂取するとお腹を壊したりすることがあります。日本では一般的に300mg/L以上が硬水、100mg/L未満が軟水と言われています。サプリンスシリーズは29mg/Lと超軟水の為、ペットも安心して毎日飲むことができます。

鉱水と表示がありますが何ですか?

農林水産省が定めるミネラルウォーターの品質表示ガイドラインで原水を表示することになっています。

原水の種類は鉱水のほかに湧水、温泉水など全部で7種類あります。日本のミネラルウォーターのほどんどは鉱水です。

原水の種類

浅井戸水 浅井戸からポンプ等により取水した地下水
深井戸水 深井戸からポンプ等により取水した地下水
湧水 不圧(自由面)地下水、被圧地下水の区分によることなく自噴している地下水
鉱泉水 自噴する地下水のうち水温が25℃未満の地下水でありかつ溶存鉱物質等により特徴付けられる地下水
温泉水 自噴する地下水のうち水温が25℃以上の地下水、又は温泉第二条に規定される溶存鉱物質等により 特徴付けられる地下水のうち飲用適のもの
伏流水 上下を不透水層に挟まれた透水層が河川と交わるとき透水層内に生じる流水
鉱水 ポンプ等により取水した地下水のうち溶存鉱物質等により特徴付けられる地下水

どのように飲めばいいの?

いつものお水の代わりでも、いつものお水に足しても大丈夫です。様子を見ながら与えて下さい。
冷蔵したお水はお腹を壊すことがあるので必ず常温で与えて下さい。開封後も長期間常温保存が可能ですので直接口に付けずにお皿などに移してください。せっかくお水にこだわっても衛生面で問題があると意味がありませんので、お水はこまめに取り換え、お皿は毎日洗って清潔に保ちましょう。

ご購入・商品についてのお問合せはこちら

細胞いきいきペットウォーターサプリンス

いま飲んでいる水やペットの健康に不安がある方など ぜひお試しください!

お試し2本セット&12本セットをご用意しています。

商品についてのご質問などお気軽にお問合せください。