2018年8月10日 10:10 am

一緒に暮らしだしてしばらくはお互いよそよそしく、様子うかがいしていました。

どんな環境下にいたのか分からない為どのように接していっていいのか、あまり干渉せず性格や習性をよく観察しました。

 

”安心できる場所だよ、信頼してもいい人間だよ”

 

成犬と言えども、人間の言葉をほとんど知らないようでしたが
たくさんプラスの言葉をかけました。名前もたくさん呼びかけました。

「お利巧だね」「大好きだよ」「かわいいね」

意味が分からなくても、愛情は通じると信じて。

 

お互い理解し合い、完全に心を開くまで数か月かかりました。

 

それまでは他人の犬という感じが抜けませんでした。喜んでいても尻尾を振ってくれない。抱っこしても、落ちそうでしっくりこない。いくらシャンプーしても匂いが慣れない。

 

それが今では、抱っこ時は体を完全にあずけてくれるのでフィット感抜群ですし、匂いも臭いくらいが落ち着きます(笑)

『ママのお膝が大好き~』

 

一歩一歩家族になったからこそ、嬉しそうに軽くしっぽを振りながらかけよって来てくれる時はこの上ない幸せを感じます。「信頼してくれてありがとう、甘えてくれてありがとう」と3年経った今でも日々思います。

Categorised in: