2018年7月21日 12:19 am

数日してボランティアさんから譲渡決定の連絡が入りました。里親として選ばれたことの喜びと共に重責を感じました。

生活用品を買い揃え、居住スペースを作り、譲渡当日を迎えました。

 

ビビアンナはボランティアさんが自宅まで届けてくださいました。譲渡犬にとって生活環境が整っているかの確認も兼ねてです。

 

可愛らしいお洋服を着せてもらった彼女は震えていました。私も緊張しました。この子との生活が始まる。懐いてくれるだろうか。うちに来て幸せだったと思ってくれるだろうか。

ボランティアさんと譲渡契約を交わし、支払いを済ませ、ようやくうちの子になりました。

 

(初日、せっかく着せてもらったお洋服は数時間後う〇ちまみれになりました笑)

 

推定10歳は過ぎているの為この先長くはいられないかもしれない。この子がおだやかに過ごせることだけ考えようと、甘やかし生活が始まったのでした。

(その甲斐あってマザコン犬に育ってしまいました(笑))

Categorised in: